スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブレポート!

  • 2013/05/06(月) 01:38:59

4月28日、予定通りがっつさんのライブが執り行われた。

新曲がほとんどで、そのすべてが安心して聞いていられそうな優しい曲だった。

今回のセットリストは以下の通り。




1、僕のバカ(新曲

2、或る若者(新曲

3、お父さんの背中(新曲

4、holiday!(新曲・セカンドシングル曲) 

5、ビタミン(ファーストシングル曲)




僕のバカという新曲は、今までの自分を振りかえり、反省をしている歌。
自分が良くない行動をしていたのだと気づいたとき、プライドを捨て、自分は良くなかったのだと認めることで、人は成長がはじまっていく。

うまく行かないのは、自分のせいだった。自分がそういう人的環境をつくりだしていたのだ、という歌。





或る若者という新曲は、若者の話すことをあるおじいさんが傾聴することで、若者の心が救われ、悲しみの心が浄化されていく、というような歌。

『~じゃ』とか、『~だべ』の口調にちょっとわらいそうになったが、アップテンポの曲だからか、カッコ良く感じた。

個人的な感想だが、イントロのフレーズを聞いたとき、『あ!もしかして妖怪ジャンル!?』と思った。





お父さんの背中』という新曲は…。
今回のセットリストの中で一番好きな曲だった。
自分の父を思い出し、なんだか無性に会いたくなってきてしまった。
がっつさんがMCで言ってたことと同じように、私も父には沢山あやまりたいことがあるから…。
泣きそうになったのは多分私だけではないだろう。





holiday!というセカンドシングルになった新曲は、休日には、普段の肩書きや重たい荷物も全部休憩して、今のこの時間は100%の自分でいく、全部自分を解放する、という爽快なアップテンポのナンバー。

あらかじめこの曲を試聴していた私はやはり気分が高揚した。

…がしかし、音源で聞いたものと、ライブでやっていたことが全然違ったような気がした。

音源で、holiday!という楽しさ満載の雰囲気を決定づけていた『セリフ』や『低い声』、あの『賑やかな声たち』は全くなかった。

そのため、少し淋しい雰囲気?が漂い、あれこれ考えてしまった。

もしかしたらこの曲は、とんでもなく淋しい曲なのかもしれないと、思った。

このholiday!にでてくる主人公は、もしかしたら『いじめを受けている』あるいは『自分をぐっと抑えなければならない日常生活を送っている』子なのかもしれない…、と思った。

それを、いろんなしがらみを解放できる日、もしくは精一杯楽しもうと決めた日、忘れようと決めた日が休日なのではないか…と。

というとそれが本当だとすると、この曲に込められたメッセージとは一体なんなのだろうか。


…全ては推測の域にあるが…。







最後の曲ビタミンはファーストシングルになったがっつさんの定番曲。
少しテンポがはやく、早口言葉のようにして歌うがっつさんは面白く、安心して見ていられた。




次回のがっつさんのライブは5月26日だ。

今までの流れからいうと、次回のライブもほぼ間違いなく同じセットリストでくるだろう。


今回のライブを見逃した方は、次回のがっつさんのライブに期待だ。

(林双盛) 

スポンサーサイト

GOLDEN EGGS

  • 2013/05/22(水) 08:52:56

『GOLDEN EGGS』

2013年5月26日(曜日)
場所→帯広スタジオrest(北海道帯広市大通南8-19-4 さいかわビルB1)
オープン/スタート→17:00/17:30
チケット料金→前売り券1000円/当日券1500円

出演バンド→


がっつ
Mement mori
紺野バラード
BABYDRIVE(釧路)
NerD
Afrocentric551







がっつセカンドシングルholiday! が当日会場にて販売!

  





※ チケットの予約等は、このがっつワールド研究所の< ご意見・チケット予約 >(メール)に送ってください。

ライブ直前インタビュー!!

  • 2013/05/25(土) 11:51:42

林『がっつさん、どうもお久しぶりです。今日はよろしくお願いします。』

がっつ『よろしくお願いします。』

林『今日は、5月26日のライブが間近ということで、最近の心境とか色々お話出来ればなと。どうですか、最近?』





がっつ『最近はですね…、練習してます。


林『まぁ、そうですよね(笑)26日のですね。ちなみに何の曲を中心に練習していますか?』


がっつ『んー…。ダンスクラブでとか、みずたまりとか…ですかね。』


林『え…!?ダンスクラブでみずたまり!?ですか??前回のセットリストと同ではないんですか!?






がっつ『そう…ですね。』

林『えぇ!?私はてっきり、ビタミンツアーの時のように、ツアー中は同じセットリストでいくのかとばっかり…!え!だってみずたまりなんて演奏するの約2年ぶりじゃないですか!ダンスクラブでにいたっては一人演奏は約4年ぶりですよ!


がっつ『よく数えてますね(笑)そんなになるんですね。』






林『半年間のお休み期間を経て、今年に入って、活動したがっつさんがとった行動とは、過去の曲を一切やらないというもの…!そう!それはまるで封印したかのごとく!過去の自分と決別したい…!そんな心の声が私にはきこえていました!そのがっつさんが過去の曲を…!?すなわちそれはふっきれたということでいいんですね!?



がっつ『初めてここを見た人でもある程度展開がわかりますよ的な説明を会話の中で違和感なくできてしまうなんて!さすが林さんだ!


林『ふっきれたんですね!?』







がっつ『いや、なんていうんですかね。確かに僕は一時期、過去の自分を全部否定したいというのがありました。でもなんていうか、新しい曲が沢山出来て、新しい曲がいつでもやっぱり最高ですから、それを歌っていた。それでふと気付いたら過去の曲たちを歌ってなかったというのが正しいです。だからふっきれたもなにも、歌いたくなったという感じなんです。』


林『なるほど…。でもなんか嘘臭いですね。』




がっつ『(笑)なにがですか(笑)』









林『何か核心をオブラートに包んでいるというような…。心境の変化は確実にありそうなかんじがします。それでいてやっぱりがっつさんですから。』


がっつ『(笑)なんですかその、がっつさんですからってのは(笑)』






林『なにかの伏線をひいてるんじゃないかと。一体何を狙ってるんですか?』


がっつ『なんにも狙ってないですよ。』







林『だってあれだけ闇と孤独というのをテーマにしてきていたのに、復帰してからまったくそれがなくなりましたよねがっつさん!!』



がっつ『…。』




林『それから…、いや、今回のセットリストを教えて下さい。』




がっつ『えーと、
①お父さんの背中
②みずたまり
③ダンスクラブで
④holiday!
⑤ビタミン
⑥小学四年生

の予定ですね。』






林『ほらやっぱり!なんで妖怪を歌わな…えぇ!小学四年生!?がっつさんのことを知らない人はこの一連の流れがなんのこっちゃさっぱりわからないでしょうが、気にせず進めていきますが、小学四年生ですか!?!一人での演奏は二年ぶりじゃないですか!過去の曲を三曲もいれてる!一体どうしたんですかがっつさん!』




がっつ『自分のやりたいことをやってみようかな~と。ほんとそれだけです。
自分が見たい世界を演奏するといったとこまではまだいかないですが、歌いたい歌を歌ってみようと、そう思いました。
林さんのおっしゃるとおり、当時は、以前と同じセットリストでいこうとおもっていました。(①僕のバカ②或る若者③お父さんの背中④holiday!⑤ビタミン)だけど、なんか無性に歌いたくなってきたもので、こんな具合になりました。』




林『それで聞く人も楽しんでくれればいい、…ということですか。なるほど。これからがっつさんがどうなっていくのか、見ものですね。というわけでそろそろお時間です。それでは明日楽しみにしていますので。ありがとうございました。』



がっつ『ありがとうございました』




(林双盛)

高橋一花で~す!

  • 2013/05/31(金) 21:56:14



いやー!興奮しちゃいました私!お帰りなさいがっつさんって感じがしました!!私の好きながっつさんにすご~い近かったです
 




①お父さんの背中

この曲すごい強烈ですね!聞く人によって全然違った印象になるんだろうなと思いました。私お父さんのことキライだったからな…
なんかいろんな事を思い出してしまいました

『お父さん』しか言ってないのに、題名は『お父さんの背中』
…すごい歌です






②みずたまり
がっつさんファーストアルバムに収録されいる、記憶を忘れていくことの寂しさを描いた一曲。
ひさびさに聞きました~この曲!やっぱり、冒頭の『みんなあたしが怒らせている、ごめんね、ごめんね』のところで心がキュッとしますね~

がっつさんて、この独特な寂しさというか、一人ぼっち感がたまらなく私好きなんですよね~!

今年、がっつさんが動き出した時からもずっと見ていますが、なんていうんでしょうね~、闇を感じないがっつさんもそれはそれで好きなんですか、少し影のあるほうが私的には好きかも…。
不思議な雰囲気というか…。うまく表現出来ませーん






③ダンスクラブで

はじめ、林代表からセットリスト聞いた時は、そんなにひさびさに感じませんでしたけど、いざ始まってみたら『あー!久しぶりだー!』ってなりました。しかも一人でのダンスクラブでは初めて見たので、なんとも言えないしっとりした孤独感があってすごくセクシーでした

がっつさんの腰がユラユラ動きます

 









holiday!
今日はお客さんがイベント始まった当初からノリノリで、がっつさんの時も例外ではなく、お父さんの背中といい、このholiday!といい、一緒に歌っている方々もいらっしゃいました!

私この歌好きですね~!テンション下がる出勤前に是非聞いておきたい一曲ですね!テンション上がります!

普段の日常生活の中で生活を共にしている音楽って、やっぱり色んな思い入れがありますね~


あ!そうそう!曲調がありえないぐらい変わってしまう中盤のところでは、ライトも赤くなってめちゃくちゃ怖かったです!でも何故だか笑ってしまいました(笑)










⑤ビタミン

間髪入れずにはじまりましたね~(笑)
この曲は間違いないですね!(笑)(←なにが!?笑)
あんな早口で野菜の名前連呼されても~って感じです(笑)
個人的なツボは『ブロッコリー!』のとこです(笑)

 



⑥小学四年生
最近では珍しいがっつさんの六曲目はなんと小学四年生!
林代表の調べによると、なんでも一人演奏は二年ぶりだとか!
この曲、音源にもなってないので、聞きたくてもがっつさんが歌わないことには聞けないんですよね~!

あの頃の私に比べると、私って汚れちゃったんだなー…。大人になってるんだな…





がっつさん、なんだか伸び伸びしてましたね~!お喋りはとっても少なかったですが、なんだかやさしい雰囲気がとっても伝わってくるライブでした


あたたかい拍手の中、がっつさんの出番が終わって、なんだかまだ余韻に浸りたい気持ちでした


次回のライブも今から楽しみです



(高橋一花)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。