スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林&高田組 二日目パート③

  • 2012/12/26(水) 20:57:58

がっつさんの自宅に入ると玄関に大きな全身鏡があった。鏡には部屋の中が映っており、がっつさんの自宅の茶の間がよく見えた。

大きな鏡だなぁとおもっていると、鏡に映った部屋の中を見てわたしは息を詰まらせた。

『-----!!!』
なんとがっつさんが、白い扉と扉の隙間から、無表情でこちらをじーっとみている…。

そして私と目があった瞬間にパタン…』と扉を閉め、がっつさんはいなくなってしまった…!


ーーやばい…!勝手に部屋に入ったことをがっつさんは怒ってるんだ…!あやまらなければ…!ーー

わたしは玄関から身をのりだし、すぐに鏡から部屋の中へと目を移した。…が、鏡の中で先ほど見た、それらしき白い扉はない…

不思議に思っているとがっつさんのお母さんに話掛けられた。


お母さん『林さん…??何かあったんですか?』


わたしはお母さんに、白い扉はどこに有りますか、と聞いた。


お母さん『白い扉…??家の扉は全部茶色ですが…


私『えっ!?でも…!』

わたしは玄関に戻り、もう一度あのアングルから部屋の中を確認した。


私『な…、ない…』

白い扉が…ない。確かに全て茶色だ…。
じゃあさっき見たがっつさんは一体…??


私『お母さん、今日がっつさんは!?』


お母さん『えっ!?ガッツサン…??ガッツサンって…』


ぎ…、




ぎゃあああああああアアアアアアアアアアアアアああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアあアアアアアアア…!!!!!!!!



(林双盛)

続く

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。