スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブレポート!

  • 2013/05/06(月) 01:38:59

4月28日、予定通りがっつさんのライブが執り行われた。

新曲がほとんどで、そのすべてが安心して聞いていられそうな優しい曲だった。

今回のセットリストは以下の通り。




1、僕のバカ(新曲

2、或る若者(新曲

3、お父さんの背中(新曲

4、holiday!(新曲・セカンドシングル曲) 

5、ビタミン(ファーストシングル曲)




僕のバカという新曲は、今までの自分を振りかえり、反省をしている歌。
自分が良くない行動をしていたのだと気づいたとき、プライドを捨て、自分は良くなかったのだと認めることで、人は成長がはじまっていく。

うまく行かないのは、自分のせいだった。自分がそういう人的環境をつくりだしていたのだ、という歌。





或る若者という新曲は、若者の話すことをあるおじいさんが傾聴することで、若者の心が救われ、悲しみの心が浄化されていく、というような歌。

『~じゃ』とか、『~だべ』の口調にちょっとわらいそうになったが、アップテンポの曲だからか、カッコ良く感じた。

個人的な感想だが、イントロのフレーズを聞いたとき、『あ!もしかして妖怪ジャンル!?』と思った。





お父さんの背中』という新曲は…。
今回のセットリストの中で一番好きな曲だった。
自分の父を思い出し、なんだか無性に会いたくなってきてしまった。
がっつさんがMCで言ってたことと同じように、私も父には沢山あやまりたいことがあるから…。
泣きそうになったのは多分私だけではないだろう。





holiday!というセカンドシングルになった新曲は、休日には、普段の肩書きや重たい荷物も全部休憩して、今のこの時間は100%の自分でいく、全部自分を解放する、という爽快なアップテンポのナンバー。

あらかじめこの曲を試聴していた私はやはり気分が高揚した。

…がしかし、音源で聞いたものと、ライブでやっていたことが全然違ったような気がした。

音源で、holiday!という楽しさ満載の雰囲気を決定づけていた『セリフ』や『低い声』、あの『賑やかな声たち』は全くなかった。

そのため、少し淋しい雰囲気?が漂い、あれこれ考えてしまった。

もしかしたらこの曲は、とんでもなく淋しい曲なのかもしれないと、思った。

このholiday!にでてくる主人公は、もしかしたら『いじめを受けている』あるいは『自分をぐっと抑えなければならない日常生活を送っている』子なのかもしれない…、と思った。

それを、いろんなしがらみを解放できる日、もしくは精一杯楽しもうと決めた日、忘れようと決めた日が休日なのではないか…と。

というとそれが本当だとすると、この曲に込められたメッセージとは一体なんなのだろうか。


…全ては推測の域にあるが…。







最後の曲ビタミンはファーストシングルになったがっつさんの定番曲。
少しテンポがはやく、早口言葉のようにして歌うがっつさんは面白く、安心して見ていられた。




次回のがっつさんのライブは5月26日だ。

今までの流れからいうと、次回のライブもほぼ間違いなく同じセットリストでくるだろう。


今回のライブを見逃した方は、次回のがっつさんのライブに期待だ。

(林双盛) 

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。