スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警告音

  • 2013/11/04(月) 13:11:31

凄まじい勢いで近づいてくる炎の牛車


『!!!』

嫌な音がして、僕はとっさに耳をふさいだ。
金属製の音、おそらく牛車の車輪の音が割れるぐらいに大きな音を立てて近づいてくる。




全身に鳥肌が立っている。


黒板に爪を立てる音以外に、こういった不快な音系統で鳥肌が立ったのは初めてだ。ニワトリの首を絞める時の悲鳴によく似た不快な音がドンドン近づいてくる。




暗闇の中から突如として現れた炎の牛車。
耳をふさぎながら僕は何度も『夢にちがいない、夢ならはやく覚めて』と念じた。


嫌な予感が身体中から発している。



耳鳴りがし始めているのは、僕の体全体が、警告しているサインだ。
夢の途中で金縛りに引っ張られるときも、僕は必ずと言っていいほど、耳鳴りがする。



『ヤバいヤバい…!!絶対嫌なことが起こる…!!ダメだダメだ…!!』






とうとう牛が息を切らしているのが、車輪の音に紛れて、聞こえてきていた。



なにがなんだか解らない恐怖に、心臓がバクバクと脈を打つ。


『きっと悪いことが起こる』身体全体がそう言ってる。



火の粉がパチパチと飛び交っていると思った瞬間、僕は強烈な熱風に後ずさりした。




『あつっ…!!…うわっ!!あぶねっ!!!


炎をまとった車輪付きの小屋をひいてきた牛は、僕の目の前ギリギリで急に止まった。



『わ…!!!』


ドンッ!!



あまりの恐怖に足がすくみ、しりもちをついた。





『あわわわ…!!』
今すぐ走って逃げようにも、足がすくんで動けない。目と鼻の先に真っ黒な牛が『ブホー…!!ブホー…!!』とよだれをたらしながら息切れをしている。




牛をこんな近くで見たことは今まで一度もない。ゆらめく炎がつくりだす赤い光が二本の大きな角をもった牛をよりいっそう不気味なものにしていた。



牛の背には、高級そうな飾りのマットのようなものをつけていて、品格の程を伺えるが、若干興奮しているのか、今すぐにでも自分の上にのしかかって来そうだ。



テレビやなんかで黒い牛はみたことあるが、自分のからだの三倍はあろうかという生き物が、よだれがかかりそうなぐらい自分に近付かれると、テレビで見ていた、知識として知っていた牛とはまるで別の生き物に感じ、とてもこわい。







『目をそらしたら絶対襲ってくる』
直感でそう思った僕は、牛の目を見つめながら、震える体でなんとか後ずさりして、牛と炎から少しずつ距離をとった。







その時『ゴー…』という深い地響きのような音が断続的に聞こえてきた。








『なんだこの音…!?地震…!?』

自分の中で鳴っている警告音が鳴り止まない。




すぐさま辺りを見回せど、ひたすら暗闇の中で、なんら変化もない。





やはり音の発信源は、黒牛の後ろにあった。




『!!!』


牛が引っ張っている炎に包まれた車輪付きの小屋?が、炎の陽炎のせいなのか、グニャグニャとありえない動きをして揺れはじめた。





息を切らしていた牛がいつの間にか呼吸を整えて、急に大人しくなっていた。








その出入り口となるすだれが開いたかと思うと、なんとその入り口の大きさにおおよそ全く合っていない大きな大きな片足がヌッと現れた。



太ももの筋肉がまるで谷のように割れていて、ふくらはぎの筋肉もボッコリと山のように割れている。テレビでよく見るボディービルダーや、ドラゴンボールの大きくなった孫悟空の筋肉のようだ。


人間の足に近いと思いきや、足の指を見ると、指が三本しかない


片足だけで、僕の身長をゆうに越えている。



僕は街で不良に絡まれた時に似た、縮みあがってしまうような、心臓を掴まれたかのような動けない思いで、身体中で絶対的な恐怖を感じながら、一つずつ出てくる各部位をただただジッと眺めているのだった。





(がっつ)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。