スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりでした~!

  • 2013/12/02(月) 13:46:44

高橋一花『どうもどうもお久しぶりですみなさん!!がっつワールド研究所の高橋一花です!!




林双盛『おなじく研究所の代表の林双盛です。よろしくお願いします。』




高橋『みなさんお元気でしたか~!?超久々なんですけど、みなさん一花のこと覚えてますか~??』




林『忘れてる人がいてもおかしくはないですね。むしろ、私らのこと知らない方がほとんどじゃないですか??』
  



高橋『それもそうか~。なんたって4ヶ月ぶりですからね!4ヶ月!がっつさんがここを乗っ取ってからずーっと!』





林『乗っ取るって(笑)高橋も快く承諾してたじゃないですか。まぁ、説明するとですね、私らは一体何ものかと言うと、ざっくり言うと、がっつさんの歌づくりの、制作中のようすを追ってる者なんですよ。』






高橋『そうそう!がっつさんって歌聞いたことある人はなんとなく分かってくれると思うけど、曲?世界観がすごく独特じゃないですか。しかも色んな雰囲気がありますよね~。だから、どうやって、どんな思考で物を創り出しているのか知りたくなったわけなんです。それで、うちの代表、林がこの【がっつワールド研究所】を立ち上げたと、そういうことなんです』





林『そうそう。それで今回、私らは久々に、まぁ、がっつさんがこの研究所で独りになりたいというお願いもありましてね、ずっとお休みもらってたわけなんですが、高橋と連絡とりまして、今日がっつさんに内緒でここを使わせてもらって、近況報告をしようじゃないかと、そんな経由なんです。』






高橋『あ、代表ってほんとにずっと休んでたんですね(笑)』






林『なんですかその笑い。だってがっつさんが始動してくれなきゃ仕事になりませんからね。がっつさんが動き出すまで信じて待ってるしかないじゃないですか。』





高橋『ムキにならないでくださいよ(笑)ちょっと口が滑っただけじゃないですか(笑)』





林『滑ったってなんですかそれ!!失礼じゃないですか!ええ!?





高橋『大きな声出さないでくださいよ!私が悪かったですよ!はいはいすみませんでした…っとに図星だからって





『ちょっと聞こえてますよそれ!!』





高橋『もういいですよこのやり取り!(笑)』





林『…ちょっとトイレいってきます。』




高橋『あ~ぁ、へそ曲げちゃった。ほんと近頃怒りっぽいんだから。えー、研究生の皆様、お見苦しいところ申し訳ありませんでした(ペコリ)。そんな訳でですね、こんなふうに対談形式にして、話を進めていきたいと思ってます。まだかな代表…。いいかな…。進めちゃおうかな…。えー、コホン!がっつさんが書き進めている、この一件ですが、そうですね、私はものすごく悲しくなりました。なんだか心の奥をキュッと掴まれた感じで…。』






林『僕は逆に、何故今ここで暴露したんだろうという、そこらへんの精神状態が心配になりましたね。』


 



高橋『さらっと入ってきましたね(笑)』






林『この内容は本来でいうと、心の奥にしまっておくべき内容のはず。不特定の人が見るこのネット上にのせるべきではないなと、怒りというか、大丈夫か?と本気で思ってましちょっとすみません、手洗ってきます。



高橋『汚い!!』





(林双盛・高橋一花)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。