スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タケヒコ殿!タケヒコ殿!

  • 2014/02/03(月) 08:42:42

高橋『タケヒコ殿!タケヒコ殿!お会いしとうございました!私です!コユキです!あぁタケヒコ殿!!!』




林『ななななんだ!?お、おい、高橋!くっつくなって!』



高橋『まさかめぐりめぐって、この時代に生まれかわっているとは・・・!なんたる運命のイタズラでしょう!いや・・・・、ここでお会いするのも宿命に違いありません・・・!懺悔させてくださいっ・・・・!!!』





林『・・・・。ないてる・・・。』





高田『・・・・タケヒコって誰っすか??』






高橋『死後、魂となり、それでも愛の執着が振り払えず、仏の道を外れ、とうとう・・・!長い年月が経つにつれ、私はっ・・・・私はっ・・・・!!!あさましい・・・・妖怪にっ・・・・!!』




高田『な、何言ってるか全然わかんねっす・・・。いや・・・、わかるけどわかんないっす。イタコ?』





林『やはり高橋じゃないな・・・。』





高田『えっ?高橋じゃない?』






高橋『ありとあらゆるところを探しました・・・・!!地獄界はもちろん、天上界も!魂となってももう一度そなたにお会いしたくて・・・!!でも・・・、あなたは何処にもいなかった・・・・。』




林『す、すまん』




高田『ちょっと代表!なに謝ってんすか(笑)!』


林『はっ!』

高田『あなたはタケヒコ殿じゃないっすから!』




林『なんとなく謝ってしまった・・・・。』




高田『勘弁してくださいよ!こわいっすよみんなして!』






高橋『・・・・。








こんな私はもう・・・・抱いてはくれませぬか・・・・??





私を・・・・きつく抱いて欲しい・・・・』






林『ど、どうすりゃいいんだこれ』





高田『だめっすよ!わかんないっすけど体は一花ちゃんのなんすから!俺の目が黒いうちはだめっすよ!』






高橋『しかし・・・何故ここでタケヒコ殿に会ったのだ・・・・??仏の何かのハカライ・・・?何のハカライ・・・・??』





林『ハカライ・・・・??』





高橋『あーー!!わからぬ!!全然何を意味しているのかわからぬ!!!』



林『こ、コユキさん??』




高橋『・・・・っ!!コユキで結構でございます!!さん、などともったいない!!』

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。