スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『そ、それじゃあ・・・・

  • 2014/02/17(月) 11:57:10

林『そ、それじゃあ・・・コユキくん』



高田『ぷっ。コユキくんだって(笑)』





林『こほん。一度落ち着こう。そして、説明してくれないだろうか?』



高橋『説明・・・でございますか?』



林『あぁ、もうしわけないが、僕はタケヒコさんの記憶を忘れているらしい。だから君がどうやってここにくることになったのかとか、タケヒコさんのこととか、諸々の経由を教えてほしいんだ。コユキくん・・・、ごめんよ忘れてしまって・・・。』




高田『なんかものすごい話になってきたっすね(笑)ワクワク!



林『・・・。おまえも一応当事者なんだからな。ヒトゴトみたいに!』



高橋『いえ・・・・。当然でございます。多くの人間は、死後、サラソウジュという大木の元で、魂が浄化されますゆえ。当時の記憶がなくて当然のことでございます・・・。』



高田『魂が浄化って・・・。死んだら消えっちゃうもんだとばっかり・・・。そしたら何?ほんとに地獄とか極楽ってあっちゃう系っすか??




高橋『もちろんあります。』




高田『えっ!?えええ~~!!!まじっすか!えー!すげー!!え、なになに、じゃ、じゃあもしっすよ!?もし!仮に・・・』



林『お前ちょっと・・・。』





高田『ちょっと??』






林『空気を・・・。もう少し・・・。』







高田『あっ!すみませんっす!(笑)慎ちゃん興奮しちゃいましたっ(笑)てへぺろ(笑)』



林『すまない。続きを・・・。』




高橋『はい、タケヒコ殿。

記憶がない・・・。そんなこと分かっておったのですが・・・、タケヒコ殿の生き写しのようなお姿を目の当たりにして、少々取り乱してしまいました。数々の無礼、申し訳ありません。』





林『そんっなに・・・似てるの?』



高橋『似ているというよりも、そのものでございます。その低くて美しい声も・・・すべてを優しく包んでくれるその雰囲気も・・・全部・・・。本当になんの因果か・・・。噂は本当だったのか・・・。





林『噂?』






高橋『いえ、すみません。こちらの話でございます。』






林『・・・・。』







高橋『タケヒコ殿・・・、あなた様との出会いは・・・

遥か昔にさかのぼります・・・。








長い話になります・・・。






それは、かつて私が人間だったころの話です。』

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。