スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ドキュメント。打ち合わせ風景

  • 2011/11/03(木) 21:15:23

あらかじめ、がっつ事務局の藤森亜衣さん(宣伝部)から、ドキュメントを撮る際の条件として提示されたのは、『がっつに取材する、いわばインタビューみたいなものはやめてほしい』 というものだった。


集中して世界に入り込む時に、他人がいてはがっつの意識が大部分それにとられてしまう。

がっつは本来制作中は誰も側にいてほしくないという人。

形式ばった姿勢ではなく、友達のような、がっつの話し相手位の気持ちで撮影や取材をしてほしい、との事だった。

私は、わかりました、と返した。


五年前のドキュメントをやった時のことを思い出していた。

藤森さんの話は、ドキュメントをやる上での最低限のルールだと思う。

なにしろ、私(撮影者)がいても被写体(がっつさん)は普段と同じように制作し続けてもらわないと、ドキュメントを撮る側から言っても、お蔵入りになる可能性は高い。

それはがっつさん、がっつ事務局から言っても同じだ。


本日の撮影場所は音更のマクドナルド。

がっつさんは帯広近辺のマクドナルドで制作することは多いのだそう。

今日は来年2012年に行う企画ライブ『アゲアゲバンド天国』の打ち合わせだそうで、帯広を中心に活動を続けているロックバンド、HOT ROD BIRDさんが一緒だった。

DSC_0252.jpg

挨拶を簡単にすませ、私は、口を閉ざし、撮影に徹した。

すると、がっつさんは私に取材しやすいよう、記事にしやすいよう配慮してくれていて、所々で私に説明を入れてくれていた。

目を剥き出しにしてベロを出しているがっつさんがライブをしている時とは程遠いほど、爽やかで親切な人だった。


『今、来年から始まる企画の細かい打ち合わせをしてるんです』

アゲアゲバンド天国。

いかすバンド天国を彷彿させる面白いタイトルだ。

HOT ROD BIRDさんの前田さん、中村さんもこの時初めてタイトルを聞いたようで、大いに笑っていた。

『恐らく当時のイカ天の《いかす》ってその時代に一番ヤングな言葉だったんですよ。じゃあ今の時代はって考えると《あげあげ》じゃないですか。僕はこのイベントで《対決》ってことをイベントタイトルを見た時に、一目でわかるぐらい対決を彷彿させたかったんです。他にも色々ありますけど。』

対決。

この《対決》には相当の思い入れがあることを企画書を見て伝わってくる。

後日詳しく明記するが、この企画書、すごいと思った。

ライブイベントをするのに、企画書があるということを初めて知った。

今回は三回目のミーティングなのだそう。

司会とオープニングアクト(前座ということらしい)が当初考えていた人が、アポイントメントとれず、変更になりそうらしい。

話を割ってがっつさんが説明を入れてくれる。

『今回企画してるイベントは司会が必要不可欠なんです。ミュージックステーションのようなものを考えているのですが…。…なかなかうまくいきませんね(笑)。』

日程やチケット料金の変更。タイムスケジュールの確認。イベント当日までの細かい動き。二時間に渡って細かい打ち合わせがされた。

HOT ROD BIRD さんが帰ってからがっつさんが振り向き、『挨拶丁寧に出来なくてすみません。がっつです。』と今さらながら挨拶をしてくれた。

なんて愛嬌のある人なのだろうと思う。近年まれに見る好青年だ。

『なかなかいい話が出来ました。』とがっつさんは笑顔で言った。

『でも今日はこれで終わりじゃないんです。』

なんでも、インターネット上のYouTubeに自分の曲をアップするのだそう。

それの曲紹介の言葉を考えるとの事だった。

頭の切り替えが早い人だと思った。

なかなかいい言葉が浮かばないようで、『今日はここまでにします』と、がっつさんは作業を切り上げた。


(林双盛)





スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。