スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコースティックナイト  ライブレポート②

  • 2012/01/18(水) 00:09:53

20:30

二番目、さざなみしおん



『中札内から歌歌いに来ました!』爽やかに登場したさざなみしおんさん。

『♪掴むなら与えられてばっかりじゃ物足りない
どうせなら一回きりの人生謳歌しちゃおうか!~』


と力強くて、爽やかで、自ずと元気が出てしまうような雰囲気のさざなみしおんさん。

お話しも面白かった。

函館が実家のさざなみさん。ツルハドラッグストアにマスクを買いに行ったらしい。
レジ店員さんが二人おり、一人は浅香●代さんのような人、もう一人は若い店員さん。

さざなみさんは若い方の店員さんの方へ。

すると、浅香●代さん似の店員さんが、若い方の店員さんに耳打ち

その耳打ちが終わってさざなみさんが話掛けられる。

『これどうぞ…。』

そうして渡されたのが、薬のようなものが入った謎の袋

『元気になりますよ・・・。』

といって それを渡された
らしい。

そしてその現物を客席に見せ、客席は更に大きく笑うのだった。

そしてなんと、その謎に包まれた薬をお客さんにプレゼントするらしい

『僕はこれからプリンプリンという曲を歌います。曲の途中で僕はあおりますので、歌ってください。一番声が出てない元気のない人にこの元気がでる薬をプレゼントします!』


『♪プリーンプリーンプリン!~』というフレーズが印象的なこの曲。デザートのプリンと女性のお尻を掛けているらしい。とても楽しい曲。
『女子!声出てない!』
とあおり続けるさざなみさん。

結局薬は男性と女性に一つずつ渡されたようだ。



会場は笑いに包まれてゆく。
会場が揺れる程の笑い声が続き、さざなみさん本人の話へ。


さざなみさんは野球少年だったらしい。中学で詩を書き初め、高校でギターを手にとったのだ、とのこと。

しかし、このさざなみしおんさん。曲中でとても印象的なのが、『元気の出るものの見方』がちょこちょこと顔をだし、それがとても素晴らしいと思った。

さざなみさんのキャラクターが十分に発揮されていると思われた。

震災が起こり、さざなみさんなりに、なくなった方、亡くされた方を思って作ったとされる、『あなたを忘れない』という曲の一フレーズ。

『♪私もいつか会いにいくよ
でも今はここから虹を見よう
生まれた絆を支えに
見つけた絆を信じて~』


21:17

三番目、池田正樹


がっつさんが席をたち、藤森さんに何か耳打ちをし、関係者用のスペースへと入って行った



ライブレポート③に続く

(林双盛)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。