スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2012/01/24(火) 00:10:08

22;03

四番目、いぬいがっつ地獄



ドン…



ドン…




ドン…





心臓のような音が鳴り響き、辺りは雑談を止め、観客はがっつさんに注目し、息をのんだ




ドン…



ドン…



『今は昔…禁じられた呪いの儀式があった…』


語りだ!がっつさんはこういうスタイルできた!潜めた声色が不気味
さを増す

いきなり語り!ということは、この雰囲気に乗らないで、ワールドを展開していくということだ。

…たしかに、がっつさんらしいと言えばがっつさんらしい。そしてこの語り文句は、1月8日に高橋がレポートした一番最後の曲…、『禁断のカリテア』か…??!


がっつさんの語りは続く。

『踊る女はなにぞみる…。
呪い呪われ舞う女…』

がっつさんはがっつさんでライブをする。
いぬいがっつ地獄はいぬいがっつ地獄で。

このアコースティックナイトの出演者が繋がれてきたバトンを受け取らない。

私は…少し寂しいのかもしれない。

…。

やめておこう。とりあえずいぬいがっつ地獄のライブに集中しよう。

なにせ私はいぬいがっつ地獄が初めてなんだから。


『…ぬくもりし…バトンを…』


…??温もりしバトン…??

『受け継ぎし…いぬいがっつ地獄…』


温もりしバトンを受け継ぎしいぬいがっつ地獄!!?

繋げた!バトンを受け取ってる!!
がっつさんはなんて、いぬいがっつ地獄はなんてズルいんだ!

そんなこと言われたら…、そんなこと言われたら…!!
最高としか…、言いようがないじゃないか・・・!!

ギャップが面白かったのか、観客の笑い声がちらちらと聞こえる。

がっつさんの語りは続く。
『今は昔、禁じられた呪いの儀式があった…。
禁断のカリテア…。』


キーボードいぬいさん不思議な音が怪しさをまして行く。サックス地獄坂電柱さんの生み出す音が、妖艶さを増し、がっつさんを振る。まるで残像として残っているかのよう。



新曲だろうか?私は聞いた事がない。
にしてもがっつさんの引き出しの多さには脱帽する。

怪しくて…、色っぽい…。

肝心の歌詞が所々でしか聞き取れない。


『砂埃』

『揺らめく灯火』

『揺れる影』

『祭壇』

『いにしえ』

『心奪われてしまいそうになる』

『そんな目をしないで』

『入ってこないで』

『醜い心が形となってく…禁断のカリテア…。』



この曲…、エンドレスで聞いていたくなる。


禁断のカリテアが終わる。

終わってほしくないとさえ感じる。



いぬいさんのキーボードの音が頭に残る。


『みなさん…!どうも今晩は…!…僕たち、いぬいがっつ地獄です…!』


声を潜めてがっつさんが喋る。…新しい。


『…訳あって…僕たちはいま…、学校の前にいます…!を聞いたんですよ…。北○線通りの学校には…、お化けが…いるんじゃないかって…!』

なるほど!もう別の世界の話なのだ!
前後関係のない、ストーリーの繋がりのない語り。とても新鮮だ。


これからど





ちょっ




なん




高田から連






22;45


いぬいがっつ地獄でしたー!!ありがとうございました!!次回は2月25日!気を付けてお帰り下さい!ありがとうございました!!』


惜しみない拍手の中いぬいがっつ地獄が退場していく。






くっ…








どうしてあいつはエロサイトばっかりみてるんだ!!頭の中それしかないのか!!またパソコンがー!!また見逃した!!まっった見逃した!!

チックしょおおおおおおおおおおおオオオオオオオオオ!!!!








1月14日  帯広レスト  「アコースティックナイト」  レポート完

(林双盛)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。