スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月25日(土)『golden eggs 』ライブレポート③

  • 2012/03/03(土) 17:09:48

『Oh! Jambalaya festival ! vol.1』

2012年3月4日(日曜日
場所→ライブハウスVOCE (ヴォーチェ)(帯広市西4条南18丁目20)
オープン/スタート→16:00/16:30
チケット料金→前売り予約800円(当日1000円)


出演バンド→

道東ビートルズ
G - BAND
いぬいがっつ地獄
lore
さざなみしおん
ジプシーローズ

※ チケットの予約等は、このがっつワールド研究所の< ご意見・チケット予約 >(メール)に送ってください。




と、先日アップしましたが、前日のものすごい衝撃のライブからもう一週間…


明日、いぬいがっつ地獄ボーチェ(ライブハウス)と、予定ではそうなってます




それにしても前回のライブは本当に本当に衝撃でした

まさかあんな展開になって、あんな結末を向かえるなんて…!


今思い返してもあのライブは異質だった…
それもそのはずですよね


がっつさんは『精神崩壊』のようになっていて…、日常の会話さえままならなかったんですから


とてもじゃないですが、頭の中すごいことになってどこからレポートしたらたらいいのか…
振り返って書くなんて、とても出来ません…

一つ一つ書いていけたら良かったのですが、なにせ携帯が…

あそこで携帯電話の電源さえ落ちなければちゃんとレポート出来たのですが、時間が経った今では、もう困難です…

電源さえ落ちなければ…

電源さえ!

ああー!本当に凄かった!


ちなみにあれからいろいろありまして、いぬいさんから『今のがっつさんとのコミュニケーションの取り方』について有力な情報を掴み、先日『がっつ関係者によるコミュニケーション会議』が緊急に執り行われました。

そしてなんとがっつさんは今、がっつ事務所にて保護されています


後程記載しますね


林代表も、警察の方から多々報告があり、まだ保護されていませんが、目撃者も多数出てきているとのことで、めぼしいポイントが絞れてきているようで、林代表の保護は時間とタイミングの問題と話していました




まずは私が携帯の電源を落としてしまったことで、2月25日の他の出演者の写真が取れなかったので、藤森さんから頂いた写真をアップします!




二番目、紺野順司


三番目、ホットケーキ・カフェ


四番目、おしりマグナム



五番目、lore



六番、Burning Red -Rum


七番目、LIFT-OFF PLAYERS



注目していた『おしりマグナム』さんは、なんとCDを販売していました

ライブを見た後すぐに購入してしまいました
最近車の中は『おしりマグナム』さんです

ライブもすごく面白くて写真も沢山撮ったので、
詳しくは後日掲載しますね♪


今度がっつさんにも聞いてもらうつもりです










そして、今のがっつさんとのコミュニケーションの取り方について、会議の内容一部そのまま掲載しますね


いぬいさん『えーとですね、話は25日のライブ演奏後に遡るんです。ライブが終わって僕らがいそいで舞台裏に行ったんです。』

藤森さん『いそいで?』


いぬいさん『えぇ。そうです。がっつさんは先にステージから降りましたからね。そのまま行方をまた眩ますのかと思って慌てて舞台裏に行ったんですよ。』



藤森さん『あぁ…なるほど』


いぬいさん『そしたら、がっつさんは激しい呼吸をして地面に突っ伏してたんです。多分疲れだと思います』


地獄坂さん『そしていぬいさんが、呼び掛けたんですよ。がっつさん、大丈夫ですかって。でもやっぱり反応はない。』


藤森さん『…』


地獄坂さん『そしてしばらくして、いぬいさんが閃いたみたいで、声掛けを変えたんですね』


藤森さん『なんて!?』


地獄坂さん『「妖怪さん大丈夫ですか?」って。』


藤森さん『えぇ!』


地獄坂さん『そしたら「わっちは大丈夫じゃ…」って、かえってきたんですよ!


一同『えぇ!?日常会話が成り立った!?』


いぬいさん『もしかしたらって思って言ってみただけなんですけどね。そしてそのまましばらく話をしたんですよ。がっつさんが妖怪であることを前提にしながら。でもですね、これを聞いてた地獄坂さんが更にはなしかけてみるんですよ。これがびっくりしました。』



がっつさんは現実の話には耳を傾けないけれど、空想的な世界の話ならコミュニケーションがとれる、という仮定にいぬいさんは見事応用をきかせて、話すということに成功したようです


地獄坂さんは更に応用をきかせます

それは、空想的な、ファンタジーの世界で生きているがっつさん』に注目した見事な対応でした!






いぬいさん『地獄坂さんは確かこう聞いたんです。「あなたは、今妖怪であり、一週間前はお姫様だった。では、あなたは、妖怪ではなく、がっつさんという2012年の今を生きる帯広の住人に、なることは出来ますか??もしもあなたががっつさんで生きるとしたら…」と。そうですよね地獄坂さん?』


地獄坂さん『そうですね。私はがっつさんが妖怪といって話すから妖怪なんだと。こっちの世界は非現実的なんだ、と。それをまず認めてあげて、話をしてみたんです。そしたら、話せましたね。


藤森さん『なるほど!がっつという私たちでいう、現実の人間そのものを、がっつの中では、がっつ自体が空想で生きるキャラクターということにすることで、がっつが空想的な世界の話ならできる、というがっつのルールに当てはまるから会話が成り立つ!そういうことね!



高橋(私です)『え?がっつさんが空想になってがっつさんが現実ではなくなって、でも結果的にはがっつさんが私たちでいう、現実の話が?え?ん~……????』



地獄坂さん『だから、結局がっつさんは、普通の話ができる、とそういうことになりますね




一同『…?』




高田『ちょっと…言っちゃっていいっすかね?俺』


藤森さん『?なに?』


高田『ちょっとだけ口を挟んでもいいすかね?







……







がっつさんめんどくせっ!!結局普通に話できちゃったよ!!(笑)めんどくさっ!!





いぬいさん『ですから…まぁ、……そうですね(汗)3月4日は「もしがっつという人だとしたら、凄い楽しみにしてるはずだ。自己紹介をしたいはずだ。沢山曲をやりたいと思うだろう。でも持ち時間は少ない。だからメドレーなんてやってみたいと、がっつくんなら思うだろう。」って自分で言ってましたけど…



高田『めんどくさい以外の何物でもないっすねそれ!!なんすかその置き換え!!




どうなる3月4日!!いぬいがっつ地獄は如何に!?
ネットの前のみんな!今のがっつさんを見るなら、そう!明日はボーチェに集合だ!!



(高橋ー花)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。