スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タケヒコ殿!タケヒコ殿!

  • 2014/02/03(月) 08:42:42

高橋『タケヒコ殿!タケヒコ殿!お会いしとうございました!私です!コユキです!あぁタケヒコ殿!!!』




林『ななななんだ!?お、おい、高橋!くっつくなって!』



高橋『まさかめぐりめぐって、この時代に生まれかわっているとは・・・!なんたる運命のイタズラでしょう!いや・・・・、ここでお会いするのも宿命に違いありません・・・!懺悔させてくださいっ・・・・!!!』





林『・・・・。ないてる・・・。』





高田『・・・・タケヒコって誰っすか??』






高橋『死後、魂となり、それでも愛の執着が振り払えず、仏の道を外れ、とうとう・・・!長い年月が経つにつれ、私はっ・・・・私はっ・・・・!!!あさましい・・・・妖怪にっ・・・・!!』




高田『な、何言ってるか全然わかんねっす・・・。いや・・・、わかるけどわかんないっす。イタコ?』





林『やはり高橋じゃないな・・・。』





高田『えっ?高橋じゃない?』






高橋『ありとあらゆるところを探しました・・・・!!地獄界はもちろん、天上界も!魂となってももう一度そなたにお会いしたくて・・・!!でも・・・、あなたは何処にもいなかった・・・・。』




林『す、すまん』




高田『ちょっと代表!なに謝ってんすか(笑)!』


林『はっ!』

高田『あなたはタケヒコ殿じゃないっすから!』




林『なんとなく謝ってしまった・・・・。』




高田『勘弁してくださいよ!こわいっすよみんなして!』






高橋『・・・・。








こんな私はもう・・・・抱いてはくれませぬか・・・・??





私を・・・・きつく抱いて欲しい・・・・』






林『ど、どうすりゃいいんだこれ』





高田『だめっすよ!わかんないっすけど体は一花ちゃんのなんすから!俺の目が黒いうちはだめっすよ!』






高橋『しかし・・・何故ここでタケヒコ殿に会ったのだ・・・・??仏の何かのハカライ・・・?何のハカライ・・・・??』





林『ハカライ・・・・??』





高橋『あーー!!わからぬ!!全然何を意味しているのかわからぬ!!!』



林『こ、コユキさん??』




高橋『・・・・っ!!コユキで結構でございます!!さん、などともったいない!!』

下!?(笑)

  • 2014/01/20(月) 09:42:14

高田『下!?(笑)シタって・・・・、舌!??ベロのこと(笑)』









高橋『ケケケ(笑)』








高田『な、なにそのペンチみたいなの(笑)!い、一花ちゃん冗談はやめてよ~!(笑)め、目がマジだよ~!(笑)』











高橋『ほう・・・。やっぱ地獄にきよる輩とは一味ちがうのぅ(笑)きれいじゃわい。ほれ!口を開けい!』









高田『いひ、一花ヒゃん・・・。顔がヒかいっす・・』








高橋『しかし、たった20数年でこんなにも汚れるもんかのぅ。下界は恐ろしいわい(笑)お主の回りには口の悪い猛者がたくさんおるんじゃな(笑)果たしてお前は仏の道にのれるかの(笑)?ケケケ』







高田『?ほ、ほホけ??・・・あがっ!あがががギが・・・・!!!!』










高橋『ひゃっひゃっひゃ!(笑)ツバ臭くていい匂いじゃ(笑)』








高田『あがががが・・・・!イガッ・・・!!イガッ・・・!!』









『ガチャ!』
















林『やめるんだ高橋!!』









『ドンッ』











高橋『・・・・(笑)。

邪魔が入ったのぅ・・・(笑)



しかし腕力のない女じゃ。すぐ吹き飛ばされてしまいよる。
・・・・はっ!!!











林『大丈夫か高田!!高田!!』









高田『だ、代表・・・・。助かったっす(笑)た、高橋って変わりましたっすね・・・。あんなにベロフェチでしたっけ?激しすぎて死ぬかとおもったっす。イデデデ・・・!』









林『高橋が・・・・!・・・・む?なんだこの紙は・・・』







林『な、なんだって・・・・!?がっつさんが新しいアルバムを出すだって・・・・!?!?そ、そんな馬鹿な!失踪してるはずじゃ・・・・』





高田『失踪・・?なにいってんすか代表・・・。イデデデ!2014年1月25日(土)に三枚目のアルバム出すの知らないんすか??なんで辞めた俺の方が情報早いんすか・・・』





林『ほっとけ!し、しかしでもありえない・・・。がっつさんは傷心で、しばらくライブ活動などしてないはずだ。ましてや負担の大きいアルバムなんて・・・。なおかつブログもアップをせず、誰とも連絡つかないのに・・・。それに、あの停電の件は・・・・』





高田『がっつさん鬱っすか?(笑)イ!!イデデデ・・・・!知らないっすけど、それじゃあこれもしってます?

同月同日の2014年1月25日()に、

帯広市西4条南21丁目4の2にある、


《かふぇ&えすてen.というところで、

ナンバ薬局の隣なんすけど、


《がっつライブin en.》というライブタイトルのイベントがあるんすよ。


あれ?なんか知らなそうっすね(笑)



ちなみに時間は、たしか


オープンが18;00で

スタートが18;30
っすね。



がっつさんいがいにも出演者がいまして、
オープニングアクトで、菅野先生と松谷さんという方々が演奏するらしいっす!






あっ!入場料は、

ワンドリンク付きで、1000円


っだったと思うっす!





その時に確か、


そのフルアルバムが、売り出されるらしいっすよ!なんでも


12曲入りで500円らしいっす!




うっ!また急に舌が・・・!イデデデ・・・・!!







林『高田!大丈夫か!!』




高橋『お、おぬしは・・・!


ま、



ま、






まさか・・・!!』










林『??』












高橋『・・・・タ、









タケヒコ殿・・・・・・!!?』

いや~びっくりしたなぁ(笑)

  • 2014/01/13(月) 08:36:43

高田『いや~びっくりしたなぁ(笑)いま代表が一花ちゃんのこと探しに行ったんだよぉ!?代表困らせちゃダ~メダ~メ~!(笑)


高橋『・・・・』



高田『・・と、ところで一花ちゃ・・、高橋さんはなぜそんなはじっこに?こっちきたら・・・?』




高橋『・・・・ガッツはどこじゃ』








高田『た、高橋さん・・・・??
・・・・おじいさんみたいになってますけど・・・・??




高橋『・・・・。』





高田『い、いや~、一花ちゃんは本当に雰囲気かわったねぇ~・・・・!!声までそんなドスきいちゃって~・・・・!』






高橋『・・・・』






高田『が、がっつさんのこと・・・・かい??いや、帯広のen.っていうところでライブあるって聞いたから、久しぶりにライブするんだな~って思って・・・・。あと新聞にも載ってたし・・・・。アルバムもだすんだって??チラシみたから・・・・。ほら!持ってきたんだよ!チラシ!』





高橋『・・・・。』





高田『いや、最近ちょこちょこ活動してるんだなぁと・・・・。いや、ほんとこれだけっす・・・・。』







高橋『あいつ・・・・(笑)好き勝手やっとるな(笑)生まれ変わったら映画つくりたいだの、歌手になりたいだの言ってたが・・・・』




高田『??』






高橋『あいわかった。もういいわい。わしも楽しむとするわ。なぁ、お主。お主はわしを意識しとるというふうに思うんじゃが、わしのこと好きか?






高田『えっ!!!』





高橋『久々に体を合わせようぞ。なぁ、どうじゃお主。好きでも嫌いでもどっちでもえぇんじゃが。』




高田『ば、ば、バカいってんじゃねね、ねぇよ!俺っちがおめぇみてぇなじゃじゃ馬意識するかってんだyo!』




高橋『これか?この胸が気になるのか??(笑)ふふふ。さっきからジロジロとみとるの。』




高田『ばばばば、バッカじゃねぇの!?おまっ・・・・!ほんっ・・・・ばっかじゃねぇの!』






高橋『・・・・やめじゃ!お主下手くそそうじゃ。もっとうまそうな奴を探すとしよう。なにせ200年ぶりじゃなからな。

・・・・たがしかし、そなたの舌は艶々してて美しいのぉ。若々しさに満ち溢れとる。



まぁこれからウソにウソを重ねて、更に濁っていくとは思うがな 。ふふふ。舌に目がいくのは職業病かの。』








高田『??』






高橋『どれ、抜きとうなってきたわ。コレクションに加えるとしよう。舌よこせ。』


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。